Pages

実際の採用試験について

塾講師の採用の試験としては、筆記試験と模擬授業を設けている塾がほとんどです。多くの場合は、筆記試験と面接で採用は決まります。模擬授業はその人の実力を塾側が把握するために模擬授業を行っています。採用試験の筆記試験は、およその目安として中学生を指導する塾で出される問題の多くに公立高校の入試レベルが主に出されるようになっています。塾講師というのは、教える立場になりますのでできるだけ高い得点が要求されます。

特にさまざまな科目で平均的に多くの点数をとることが要求されます。塾の種類によって採用試験の内容は違うものです。一般的な傾向は、個人指導の場合は一人の生徒に対していろいろな教科をまんべんなく指導することになりますので、得意科目が少ないと採用に若干支障がでてくると考えます。塾の形態が複数生徒に教えるところでは、模擬授業は必ず行われます。

塾講師の求人で採用試験の情報も掲載されていますし、模擬授業と掲載されている場合は、自身で対策をしておくことが必要です。模擬授業でチェックされる部分は、どれだけ堂々と行うかそして声の大きさなどです。塾講師の最低限の条件をチェックするものになりますので、試験の前にはイメージをしておくと落ち着きます。



※Recommend Site
塾講師専門の求人サイトでこれから塾講師を目指している方には参考になります。 →→→ 塾講師 採用