Pages

塾講師の人数は少ない

親は中学校受験を確実に成功させるために、子どもを塾に通わせます。しかし塾講師の人数は現在では不足傾向です。生徒が求めている講師の人数には足りていないというのが現状です。塾側はできるだけ一人でも多くの優秀な人を求めて求人募集をしています。さまざまな求人情報を見てみると、多くの塾講師の求人がありますが、多くの応募があっても塾講師としての適正が無い者は採用試験に合格しません。

塾講師として働きたいのであれば、採用されやすい人がどのような人なのかを把握しておく必要があります。中学受験専門塾で講師は、対象になるのは小学生になり、生徒とのコミュニケーションが取れることは、講師の最低条件だといわれています。指導する子供の成長を伸ばすことが出来るように、生徒に打ち解けて、さらにコミュニケーションがうまくとれる人は講師として採用された後も塾で活躍できますし、信頼されます。塾講師試験で採用されやすい人は、強い責任感のある人です。

講師は生徒に対して責任をもたなければ講師として働くことができません。指導する生徒の将来を考えられる人、生徒のこれからの人生を考えることで、責任感の強さも感じられますし生徒と親から信頼を受けることができます。